「筋トレ」には「脳トレ」と同じくらいの効果があった!

筋トレが「脳にも効く」ということをご存知でしょうか?実は、近年の研究で、筋肉を動かすことが脳の活動に対して、とても重要な働きを果たしていることが次々にわかってきています。

昔は、「筋肉は脳の命令通りに動くだけの存在」とみなされていましたが、それは誤り。筋肉は、単に使われるだけではなく、自分から脳に対してさまざまな働きかけをして「物申して」いたのです。

一例をあげると、筋トレなどで体を動かすと、筋肉組織からイリシンというホルモンが分泌され、このイリシンが血液を通して脳に届き、「BDNF(脳由来神経栄養因子)」という物質の分泌が高まることがわかっています。

このBDNFは、脳細胞に対して「肥料」のような働きをするタンパク質。この肥料が増えると、脳細胞が喜んで、脳機能を向上させたり、認知機能の低下を防いだりする効果へとつながって行くのです。

日々トレーニングで体を動かしていれば、「筋肉経由」で脳を活性化させることができる。筋トレは、体の衰えを防いだり、体の健康を向上させたりするだけでなく、脳の衰えを防いだり、脳の健康を向上させたりするのにも大いに役立っていたというわけです。

もちろん、脳トレも脳を刺激する方法のひとつですが、筋トレをすれば、脳も体も両方とも刺激できて一挙両得です。それに、運動習慣が脳に与える影響は思っている以上に大きく、筋トレに匹敵するくらいの効果があるのではないかと考えます。

関連記事

メンバーさん専用クイズ大会

健康プチ知識

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 運動をしていると、更年期の気持ちの落ち込みが軽い!

  2. 体重を増やしたい

  3. 自分の免疫力

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP