「ひとりで運動」より「みんなで運動」

同じ運動量でも要介護リスクが3割増

運動している人は、していない人に比べてフレイルや認知症になるリスクが少なく、要介護状態になる確率が2割も少ないことがわかっています。

また、最新の調査でフレイルの人数を地域ごとに比べたところ、フレイル予防に効果があるのは、運動そのものだけではないことがわかってきました。

実は同じ運動でも「ひとりでする」のと「みんなでする」のでは、効果に差が出るのです。

「みんなで運動」をしている

関連記事

メンバーさん専用クイズ大会

健康プチ知識

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 血圧って遺伝?

  2. 「筋トレ」には「脳トレ」と同じくらいの効果があった!

  3. 骨粗鬆症

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP