我慢せず病院での治療も前向きに検討を

月経周期が乱れ「女性ホルモンの変化のせいかな」と思う不調があったら、まずは産婦人科に相談。女性ホルモンの変化による不調は、治療によって対処することもできます。

産婦人科での治療には、足りなくなった女性ホルモン(エストロゲン)を補うホルモン補充治療(HRT)や、体質に合わせて処方する漢方治療などがあります。

骨盤底にかかわる泌尿器トラブルは泌尿器科で主に扱われますが、昨今、横断的に治療する取り組みも進み、女性泌尿器科など女性に特化して治療する診療科も登場しています。

また、女性ホルモンの変化による症状と似た症状でも、ほかの病気が隠れている可能性もありますし、医師と話すだけでも、気持ちが楽になることもあるので、体調不良で困ったら困りっぱなしにしないこと。

女性は不調を、感じてもついついがまんしがちです。「そのうち良くなるだろう」「つらいのは自分だけじゃないはず」など無理を重ねると悪化してしまうこともあります。

まずは気軽に、検査を受けるだけでもいいので、相談してみてください。

関連記事

メンバーさん専用クイズ大会

健康プチ知識

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 50代からの綺麗で健康な体を作る新しい食べ方

  2. 坐骨神経痛

  3. 2月 第4問

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP